<< 咳き込んでますが風邪ではありません | main | 塾通信が間に合った >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


幼児教育が大切だなぁと思う

美濃加茂東校の中2数学。

困ったことに1次関数のグラフが危機的な状況になっている。

本当は中1の比例のグラフが書ければ、

1次関数はそれを上下に移動させるだけなんだけど、

そもそも比例のグラフが怪しい生徒が何人もいる。


ここで不思議なのは、

夏期講習などで中1の比例を単元にしているときは

それはそれで解けているのだ。


これは、中学生に限らず20代の社会人にも言えることなんだけど、

習ったことしかできないという人が増えている。

つまり、比例と書いてあるなら解けるけど、

比例と書いてなければ別の問題として認識しているわけだね。


本来、過去の経験をもとに未知の出来事に対応できることが

「学習」なんだけど、

多分、3歳から7歳くらいまでの生活によって

この部分が大きく欠損しているのではないかと思う。

そう思うと、学習塾ではなく幼児教育に力を入れるべきだね。

今のところ予定はないけど・・・。

スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday
  • -
  • 20:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/11/17 11:49 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM