<< 講義の準備は万全に | main | 困ったときは基本に立ち戻る >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


こう見えても細かく考えているのです

昨日は美濃加茂西校の中3。

ようやく本科が戦える集団になりつつある。


今年は美濃加茂西校で週1回の担当があるんだけど

中3の生徒の中には僕の存在は知っていても

初めて会う生徒が多い。

僕が美濃加茂西校の講義を担当していたときの

弟妹生が多い特進クラスは、

僕の話を聞いているのか

最初からピリっとしていたんだけど、

問題は、本科クラスの生徒。


ともかく目の前の成績を上げないと話にならない

ということは前任のふくしま先生から相談されていたので

まあ、しょうがないところもあるかもしれないけど、

受験生として考えと、

あまりにも甘えた意識があることに驚く。


つまり、

話を聞いていなくても「分からん」と言えば

教えてもらえる構造があったのだろう。

とても中3の講義をやっているとは思えない。


そんなわけで、

現任のみずの先生と相談して、

受験生として戦える集団に変えていくことにした。


ということで、

先週は「席に着け」を3回くらい言った後で

机を蹴飛ばして怒鳴って座らせた。

で、その日のうちに苦情の電話が寄せられた。


しかし、

僕の経験則から言えば、

この状態を放置することは本人にとって良くない。

なによりも、ウチが「師弟関係の構築」を標榜している以上、

これを看過することは、自分で自分の信念を汚すことになる。

「退塾もやむなし」という気持ちで対応させていただいた。


そんなわけで2回目の講義。

先週よりもかなり良くなった。

ノートを取りもしないで「分からん」を連発している生徒には

あえて「教えない」という指導方針を取ったので

前回よりもちゃんとノートを取ろうとする生徒が増えた。


しかしながら

まだまだ反発している生徒もいる。

ノートは取らない。

問題を解くときは、何か他ごとをしている。

分かりやすいサボタージュだった。


ここで手を差し伸べてしまうと何も変化しない。

本人からしてみれば「無視されている」と思っているかもしれないが

こっちからしてみれば最もストレスがかかる指導なのだ。

塾にとって「お金を払っているのに教えてくれない」と主張されたら

いくら、それが本人の将来を真剣に考えた指導なのだと言っても

理解されないこともあるからだ。


さてさて、件の生徒。

演習中は、周りの生徒に「分かる?」を連発していた。

「君子は上達し、小人は下達す」という言葉があるけど、

まさにその典型で、少しでも自分の仲間を増やそうと頑張っていた。

(その労力を勉強する方に使えばいいのに・・・)


間髪入れずに、

話しかけられた生徒に机間指導に行く。

その生徒はノートもしっかり取っているので

それを基に演習問題へのヒントを与えて正解させていく。

徐々に問題が解けた派が圧倒的多数派となっていく。


そんな雰囲気を感じ取ったのであろう。

後半は、周りの生徒に解き方を教えてもらって

ちゃんと問題を解こうとしていた。

つまり、上達の意識が芽生えたってことだ。


ちなみに普段であれば、

周りの生徒に教えてもらう前に

その生徒のところに言って講師が教えてるんだけど、

今回は、自分の意志で問題を解くという課題が達成されたので

そこは見守ることにした。


まっ

本人からしてみれば「うっとしい先生」と

思っているかもしれないけどね。




スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday
  • -
  • 12:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
素晴らしい教育ですね。。

僕も、今同じような局面にあります。

そういう生徒に、本当の講師の実力が問われると思います。

僕は全然駄目です。

机を破壊しようが、怒鳴ろうが、その一瞬は反省をしますが、長続きしません。


そんな子は少ないだろうと思っていたのですが、最近は特に多くなったと感じてしまいます。
そんな子にはそんな子の叱り方を今考えています。

こうむら先生は、経営、授業の質と先生への手本など色々考えて大変だとは思います。

しかも、批判覚悟のブログを書かれてるので尊敬しています。

僕も、こうむら先生に授業の内容だけは負けないよう頑張りたいと思います。
  • らくだ
  • 2012/04/20 10:58 PM
いや、どーも。

ありがとうございます。

そうですね、この辺の指導が腕の見せ所なんですが、

親御さんによっては、そこまで塾に期待していない

って方もいらっしゃるので、難しいところですね。
  • こ〜むら代表
  • 2012/04/27 10:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM