<< 開校準備 | main | こう見えても細かく考えているのです >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


講義の準備は万全に

新人の研修が続く。

1年目の講師の講義内容は

基本的に僕が作っていく。

年42回の講義を学年ごとに作っていくと

小学生も含めれば1教科で200講座もある。


塾講師にとって必要なことは

テキストの問題が解けるというということではない。

まあ、そういう勘違いをしている講師も

この業界には多々いるんだけどね。

それよりも大切なことは、

間違いポイントを知っているかどうかということ。

ここがベテラン講師がもっとも得意なところ。


しかし、現実的には必ずしもベテラン講師が良いとは限らない。

一つは、生徒との年齢が離れてるにつれ、

ギャップが生まれてしまうから。

講師側にけじめがあれば講師は若い方がいい。

だから、単に説明だけであれば大学生講師による

個別指導はとても良い指導方法だと思う。


ただ、若い講師は演習時間の指導経験が少ない。

ここが他のアルバイトと決定的に違うところなんだけど、

例えば、ファーストフードは、

基本的に、毎日、業務内容が変わるわけではない。

しかし、塾の指導というのは、日々、変わっていく。

生徒がよく間違えるポイントが分かったとしても

それを次に教えるのは1年後ってことね。


じゃあ、どうするのかっていうと

少なくとも1年間は、

毎回、毎回、僕が講師に事前講義をするわけだ。

過去にどういう間違いをしてきたのかとか

実際にテストにはどういう表現で出てきたのか

そういう部分を一通り解説する。

これが個別指導には時間的に難しい。


今年は特に大変。

新人講師の他にも

今年は、みずの先生ときたの先生に

理科を担当してもらうために

この2人にも事前講義をしている。


ということで、

基本的に想論館の講義の内容は

講師ごとに大きく違うってことがない。


ただ、

生徒への対応に個人差があるので

ここがどうしていくのが運営者のポイント。






スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday
  • -
  • 22:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM